ロボティクスラボアーカイブ

【ロボット教室日誌】大阪校Smartコース「3Dプリンタで ロボットの部品を作ろう」

今月のSMコースでは、3Dプリンタを使ってロボットの部品などを作りました! ものづくりをする際には、特定の形をした部品や作品がほしいという場面が多く存在します。例えば、センサーの取り付け場所を設置したボディや自分の名前の書かれたキーホ...

【ロボット教室日誌】那覇校 ベーシックコース−12月 Challenge「プーリーでワニロボットを作ろう!」

  那覇校ベーシックコースの2017年最後の教室は「プーリーでワニロボットをつくろう!」でした。前回学んだプーリーの仕組みを思い出しながら、プーリーの回転運動をワニの口の開閉する動きと車輪の回転へと変換してワニロボットを作成...

水素・燃料電池工作コンクールにて、ロボティクスラボ大阪校の生徒が優秀賞を受賞しました!

2017年12月25日(月)に開催された、水素・燃料電池工作コンクールの工作発表会及び表彰式にて、ロボティクスラボ大阪校の生徒の作品が小学生の部で優秀賞に選ばれました。小学生の部では全32作品の申請がありました。 ...

【ロボット教室日誌】飯田橋校Advancedコース「カタピラで悪路もへっちゃら!ブルドーザーを作ろう!」

11月のアドバンストコースでは、ロボットや特殊な車両の足回りに使われる「カタピラ」について学びました。カタピラは起動輪など複数のタイヤで、履板(りはん)と呼ばれるベルトを回しながら進む機構で「無限軌道」とも呼ばれます(カタピラ、キャタピラー...

【ロボット教室日誌】飯田橋校Basicコース「ゴムをつかっていろいろ動くそうちを作ろう!」

11月のベースックコースでは、ゴムの「弾性」について学びました。ゴムは引き伸ばしたりねじったりしても、力を緩めると元の長さや形に戻ろうとします。これはゴムが「弾性」という特徴を持っているからです。この特徴を使うことで、物を縛ったり、ゴムに力...

【ロボット教室日誌】大阪校Smartコース「電源装置を作ろう」

今月のSMコースでは、電源装置を作りました! ロボットを動かすためには、電源が必要です。またロボットによっても、電池1個、2個・・・9V、12Vバッテリーなど様々な種類があり、試作するときに毎回必要な電源を用意することは大変です。そこ...

【ロボット教室日誌】飯田橋校Advancedコース「変速ギヤでバギーを作ろう!」

10月のアドバンストコースは、ギヤを使った速度と力の変換について学んでいきました ロボットの動力として広く用いられるモーターは、回転速度と比べると回転させる力(トルク)が弱いため、それだけでは軽いものを早く動かせても、重いものを動かすこと...

【2018年度入会希望者向け】ロボティクスラボ飯田橋校 体験教室の受付を始めました!

ロボティクスラボ飯田橋校では、ロボティクスラボの内容を体験していただける特別教室の受講希望者の募集を開始しました。2018年度からの入会をご希望の方はぜひ、まずは体験教室で内容を体験、ご確認ください。 <体験教室の概要> 開催場...

【ロボット教室日誌】大阪校 スマートコース−9月 Challenge「家庭用電源で夜に自動で光るライトを作ろう!」

スマートコースの9月のチャレンジでは、家庭用電源(100V)を用いて白熱球を光らせることに挑戦しました。 今回は、新しい機材としてフォトトランジスタとリレースイッチを用いました。フォトトランジスタは、光に反応して、電気を流すものです。リレ...

ロボティクスラボ2018年度入会生向け体験教室は11月から開始いたします

2017年度はおかげさまで、定員オーバーでキャンセル待ちとなりました。 2018年度の受講生の募集は、2017年11月よりスタートします。 そに伴う体験教室の申し込みは10月中旬に予約を開始する予定です。 以下のWebペー...

【ロボット教室日誌】飯田橋校Advancedコース「カムで動くおもちゃを作ろう」

9月のADコースでは、回転運動を目的の上下運動に変換する「カム」機構について研究しました。 カムは、回転する棒に円板が取り付けられた構造をしています。円板は中心からずれた位置で軸につけてあるため軸を回転させると円板は「腕を振り回す」ような...

ロボット教室日誌】那覇校 ベーシックコース−9月 Challenge「つよい形を開発しよう!」

ロボラボ那覇校9月のベーシックコースのChallenge回は「つよい形をつくろう!」でした。前回学んだラーメン構造とトラス構造を思い出しつつ、自分で設計した構造のアームを制作してもらい、その強度を試験しました。アームの材料はパスタ。一本では...