【ロボット教室日誌】12月Basicコース ペットボトルカーを作ろう!

みなさま

お久しぶりです。

講師の百目木(どめき)です。

先月と今月の前半は研修の旅(http://lne.st/2012/10/16/sbc/)に出ておりまして、

お休みをいただいておりました。さらなるサイエンスコミュニケーションスキルを獲得し、復活いたしました。

 

久しぶりの授業、生徒の皆様にお会いできる事を楽しみにして、参りました。

今回つくったのは、前回習ったゴムの性質を使ったペットボトルカーです。

「ゴムの力を使って、手で押さなくても前へ進む車をつくるためにはどうすればいいでしょうか?」

質問をするとはい!っと手があがり、生徒の一人が

「ゴムのもとにもどろうとする力を使います!」と答えてくれました。

感動しました。一ヶ月いないと生徒のみなさんの成長がよくわかります。;;

 

2時間テキストとにらめっこしたり、質問をどんどんしてできた作品がこちらです。

スタイロフォームでタイヤを作るところも頑張ってくれました。

でこぼこのタイヤだとうまく進まないんですね。

スポーツカーのようなフォルム、動力のゴムの本数を多くするなど

オリジナリティーと機能美を兼ね備えています。

前輪のタイヤを改良中です。

余った時間をつかって、展開図をつくり、車の荷台をつくってくれました。

みなさん、工夫がたくさんできましたね!

 

モノ作りのおもしろさはどんどん工夫をすることです!

来年も頑張りましょう!

2012-12-17T23:14:28+09:00 2012年12月17日|注目|0 Comments

Leave A Comment