【ロボット教室日誌】Smartコース 2月 ライントレーサーでプログラミングに挑戦①

ロボ研の藤田大悟です。

いよいよSmartコースで 「パソコン」 を使う日がきました。
約1年間電子工作で様々なものをつくってきて、
その技術をみにつけた上で、制御方法を学びます。

まずは、ロボット制御の王道である「ライントレーサー」。

今年はルネサス社のマイコンを使った「マイコンレーサー」を使いプログラミングの基礎を学びました。

マイコンレーサーを初め作った上で、パソコンの設定、そしてプログラミング。人によってパソコンのペックも違い、初めの設定に時間がかかりました。しかし、なんとか全員がプログラミングの第一ステップはできました。

初めは、5秒間走って止まるプログラミング。次は5秒間走って、止まったら音がなる。次は、5秒間走って、くるくるまわる。などいろいろステップアップしていきます。ブロックを組み合わせてプログラミングをつくる「ブロックコマンダー」というソフトウェアを使っていたので、結構気軽に出来ました。

次回は、ライントレースに挑戦してもらいます。

KIMG1911-1

2014-02-02T19:32:27+09:00 2014年02月02日|Smart, 注目|0 Comments

Leave A Comment