【ロボット教室日誌】大阪校Smartコース 振替授業

みなさん、こんにちは。大阪校の中島です。

先週のロボラボは、通常授業に参加できなかった生徒の振替授業を実施しました!

作ったものは、点滅回路とゲルマニウムラジオ!

 

点滅回路では、ブレッドボードで回路をまず作成し、その後ユニバーサル基板にはんだ付けをして回路を作成しました。

ユニバーサル基板は、部品を取り付けるための穴が縦横に並んでいて、それぞれの穴にはんだ付けするためのランド (銅はく) が付いた基板のことです。すでにどこにどの部品をつければよいかがわかっているプリント基板とは違って、自由に回路設計ができますが、回路を自分で考えるため、少し難易度が上がります!スタッフと議論しながら進め、なんとか完成させることができました!!

 

次に自作のゲルマニウムラジオ作りに挑戦しました。

携帯電話やテレビなどは電波をキャッチして音を聞くことができます。電波は目に見えないですが、そこに音声のデータも含まれているというのは、とても不思議なことです。技術を上手く使うことで、電波から音声データをとり出し音を聞くことができている、その原理を学びました!

ゲルマニウムラジオを作成したあとは、本当に音が聞こえるのか?というワクワクを持ちながら、聞こえる場所や周波数、最後は発泡スチロールの向きも音の聞こえやすさに関わっていることがわかりました!

2018-07-09T08:57:46+00:00 2018年07月09日|Smart, 大阪|0 Comments

Leave A Comment