【ロボット教室 日誌】10月7日 Basicコース ひもで動くハタあげロボットを作ろう

みなさん、おはようございます。ロボ研の宮内です。
9月は他のイベントで私が不在で、生徒のみなさんとは久しぶりの気がします。

10月に入って、急に涼しくなりましたね。
体調をくずさないように気をつけてほしいと思います。

今月は百目木先生の代わりに吉田先生が担当します。
まず先月のパスタアーム積載(どのくらい重りを吊るすことができるか)チャンピオンの発表です。

結果は1位1300g、2位1000g,3位800gでした。
去年は800gでチャンピオンだったので今年はレベル高いですね!

さて今月は、ヒモで動く仕組みを学ぶためにハンぺルマンを作りました。
ヒモはロボットの仕組みとは関係ないように見えますが、動かす上で重要な働きを持っています。

一部ですが作品を紹介したいと思います。

この作品はウサギでヒモを引くと耳がうごくように工夫されています。

この作品はワニでヒモをひくと口が動くように工夫されています。

この作品はネコで手足が動く仕組みです。色まで塗ってくれました。

まだ作品に色を塗っていないならば、次回までぜひ塗ってきて持ってきてほしいと思います。

次回は、今回作成したものを全自動で動かすことができるようにしていきます。お楽しみに!

2012-10-09T09:33:17+09:00 2012年10月09日|Basic|0 Comments

Leave A Comment