【ロボット教室日誌】飯田橋校Engineerコース 6月光や距離センサーを使ってテルミンをつくろう 

6月のエンジニアコースでは、スマートコースで学んだ光センサーをArduinoで制御をする方法を学びました。CdSの光センサーはフォトレジスタといって光の明るさによって抵抗値が変わります。そのデータを取り込むことで、暗くなったらLEDがつく装置や、明るさによって音が変わる「テルミン」のような楽器を作りました。また、ロボット制御をする上で重要な、スイッチのON/OFFの制御の方法なども同時に学びました。アナログなデータをデジタルにどう変換させていくか、少しずつ理解していっています。

2017-06-19T08:07:11+09:00 2017年06月19日|Engineer, 教室情報, 飯田橋|0 Comments

Leave A Comment