【ロボット教室日誌】大阪校Smartコース「電源装置を作ろう」

今月のSMコースでは、電源装置を作りました!

ロボットを動かすためには、電源が必要です。またロボットによっても、電池1個、2個・・・9V、12Vバッテリーなど様々な種類があり、試作するときに毎回必要な電源を用意することは大変です。そこで、ボリュームを動かす事で様々な電圧をつくることができる電源装置が必要となります。

外に取り付ける抵抗の値で一定の電圧にさせるために、「三端子レギュレーター」という半導体を新しく使いながら回路を設計しました。

最後は、ボール盤などを使いながら回路をプラスチックケースに組み込んでいきました。時間はかかりましたが、みんな最後まで完成させることができました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017-11-06T18:56:20+00:00 2017年11月06日|Smart, 大阪, 教室情報|0 Comments

Leave A Comment