【ロボット教室日誌】大阪校Engineerコース「サーボモーターと加速度センサーで 同期ロボットをつくろう!」

前回、DC(直流)モーターを制御する方法を学びました。今月のEngineerコースは、正確な角度に曲がって止まるサーボモーターと、ゲーム機等に使われて傾きを検出する加速度センサーについて学びました!
スタートアップでは、ブレッドボート、マイコンボード、サーボモータを利用して、サーボモータが0~180度の間を回り続けるプログラムを組みました。チャレンジタイムでは、加速度センサーを利用して、角度をつけたら、それに同期するようにサーボモーターが回転して傾くロボットを開発しました。様々なモーター、センサーの活用方法を学ぶことで、卒業研究に活かしていきましょう!

 

2018-06-03T08:25:42+00:00 2018年06月03日|Engineer|0 Comments

Leave A Comment