【ロボット教室日誌】那覇校 BA-10 Challenge プロペラでうごくそうちをつくってみよう!

今日は、1月のテーマ「プロペラ」のチャレンジタイムです。

まずは、補講です。空手の発表会とかで休みが続いていた子の、11月のゴムのスタートアップの分です。

そして、本講座では回転力で空気の流れを作って飛ぶ「ヘリコプター」を作りました。まずは見本をみせます。ここで、子どもたちのやる気が一気にあがります。

あとは、テキストにそって工作スタート。最初は、プロペラをひねらないようにして、飛ばないことを確認します。そのあと少しひねるだけで飛ぶようになることを実感します。また、せっかくとんでも後ろに板(テールローター)をつけないとヘリ本体がクルクル廻ってしまうことも確かめます。

上手に飛ばせたひとから、プロペラの回転による「持ち上げる力」を測定していきます。測定器は電子ばかりにL字金具を貼り付けて、クリップで挟んでプロペラを引っ掛けます。30回転でだいたい50gくらい。最高値は、50回転で93gでした。

全員がちゃんと飛んで測定までできました。これで10月ひも、11月ゴム、12月プーリー、1月プロペラと「動き」についての学習もだいぶ進んできました。

ちなみに、今日は沖縄も寒波ということで10度くらいだったのですが、、、ダウンジャケットを着ている子がいるかと思えば、半袖半ズボンに島ぞうり(いわゆるビーサン!)という子もおり、沖縄ならではの子どもたちの光景を見た気がしました。(この寒さでビーサンて。。。w)

 

さて、来月は、いよいよ「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」、いわゆるピタゴラ装置です。みんな、Eテレとかで見たことがあるようで、楽しみにしておりました。3月の発表会について、すでにアイデアを考えた子もいるようです。来月も楽しみです。

本講座の体験、4月入会向け体験教室やってます。新年度からの参加希望おまちしております。

リバネススクール 体験教室一覧

 

 

 

 

 

2016-01-24T23:33:03+09:00 2016年01月24日|Basic, 体験・見学・特別講座, 那覇|0 Comments

Leave A Comment