【ロボット教室日誌】那覇校 Material&Processコース「ゴム・カタパルト」

暑さが猛威を振るう夏真っ盛りの沖縄からお届けします!今回はなんと幼稚園児のお子様が体験に来てくれました!

 

今月のテーマは「ゴム」。伸縮性や柔軟性に富む素材で、その用途はバンドやタイヤ、手袋など実に様々です。今回はその中でも伸縮性に着目した「ゴム鉄砲」と「カタパルト」を作りました!ゴム鉄砲はその名の通り、ゴムを弾丸として打ち出すおもちゃです。子供時代、手を銃に見立ててゴムを撃ち合った方も多いのではないでしょうか。今回は木の棒を組み合わせて作りましたが、仕組みは手の銃と同じです。先端と撃鉄にゴムをかけ、撃鉄が落ちると発射!ゴムが伸びているほど、勢いよく発射されます。

 

もう一つ、カタパルトについて、これは古代ギリシャや中国などで実際に使われていた兵器で、「投石機」とも呼ばれます。火薬を使わない古代の大砲のようなイメージです。かの偉人アルキメデスが改良し、ローマの艦隊を壊滅に追い込んだ歴史も。これは土台部分を木の棒で、投石部分をスプーンで作りました。スプーンに巻き付いたベルト状のゴムの戻る力を利用して、スプーンに乗ったものを投擲します!

 

長さの違う木の棒をゴムで束ねて組み合わせて…幼稚園児には少し難しい作業でしたが、こちらが少し手を貸してあげれば難なく組み立てていました!終始笑顔で取り組む姿に心が癒されました。完成後は生徒考案の下、カタパルトで飛ばしたものをゴム鉄砲で撃つシューティングゲームを開催!のび太君に比類するガンマンっぷりを見せてくれました!次回はゴムを駆動力としたペットボトルカーを作ります!

 

 

体験参加の申し込みは、こちら

11/25(日)は、2019年度向け特別体験会もあります!

2018-11-10T12:28:55+00:00 2018年08月05日|教室情報, 那覇|0 Comments

Leave A Comment