【ロボット教室日誌】Smartコース 6月モータコントローラーをつくろう

リバネス ロボティクス研究所の藤田大悟です。

今月のスマートコースでは、ロボット作りでとても重要な「DC(直流)モータ」の速さをコントロールする装置をつくりました。

モータを遅くするためには、例えば、ギヤをかませることで実現します。しかし、ギヤは一定の遅さになるだけで、細かく速さを変化させるためには向いていません。

また、可変抵抗をモータに直接につなぐことで、電圧を下げ、モータの速さをかえることもできます。しかし、抵抗でエネルギーを熱にすることでモータにかかる電圧が変わり、モータの速さを変えるため、熱が出てしまう分がロスになってしまいます。

そのため考えられたのが、PWM方式です。Plus Wave Modulationの略で、パルス波の幅をかえることで、ロスなくモータの速さを変えることができるようになります

その原理をした上で、電子工作にはいってもらいました。

抵抗、ダイオード、積層コンデンサのの順番で実装していきました。

なかなか数が多いため、結構時間がかかりましたが、溶かしたハンダの形もきれいに「山型」になることが増えてきました。単純にモータの速さが変わるだけですが、苦労して作ったのでとても楽しくつくれたと思います。

unnamed

2014-06-03T14:47:13+09:00 2014年06月03日|Smart|0 Comments

Leave A Comment