【ロボット教室日誌】Smartコース11月赤外線センサーをつくろう

ロボ研の藤田大悟です。

11月のSmartコースでは、赤外線センサを使いました。

最初に赤外線ライトを作り、赤外線を受信するフォトトランジスタの性能を調べました。

その後、赤外線センサーにしたがって、モーターの動きを切り替える基板をつくりました。

そしてできたのが、赤外線追尾ブルドーザー。

結構しっかり進みます。今まで作ったものに、センサーを取り付けることでロボットになる。

この流れを理解してくれると、幅が広がります。

 

KIMG0108 KIMG0106

 

 

2014-11-30T21:54:02+09:00 2014年11月30日|Smart|0 Comments

Leave A Comment