【ロボット教室日誌】那覇校 BA-11 StartUp ルーブ・ゴールドバーグ・マシンを作ろう!

2月は、ベーシックコースの1年間の集大成として、ルーブ・ゴールドバーグ・マシンをつくりました。いろいろな仕掛けを組み合わせたからくり装置、いわゆる「ピタゴラ装置」ですね。

4月の磁石、5月の電気回路、6月の展開図、10月のハンペルマンなどいろいろな学びを盛り込んだ作品づくりです。

完成品は、ビー玉と鉄球を見分けるしくみをもつマシンで、鉄球が転がると途中でトラップされてブザーが鳴り、赤いランプが点灯します。ビー玉が転がると最後ゴールに入って緑色のランプが点灯します。

難易度がかなり高いため、今日はみんな転がる経路づくりまでです。回路を組み合わせた完成品は次回となります。なので今月はチャレンジタイムぽくないですが、その分3月の発表までにオリジナルのピタゴラ装置をつくるチャンスがあります。もちろん、3月は一年間で学んだことを踏まえて別のものを作っても構いません。

開始前の時間に子どもらにおすすめピタゴラYouTube動画を教えてもらってましたが、いろんなのが有りますね。ピタゴラ装置が好きだから、という理由で参加した体験の子もいました。工作好きな子はみんな、ピタゴラ装置が大好きなんですね。

次回は、2/21(日)です。体験も受け付けてますので、新年度からの希望者もぜひご参加ください。

体験参加の申し込みはこちら

 

2016-02-08T18:24:45+09:00 2016年02月08日|未分類|0 Comments

Leave A Comment